子どものお祝いの七五三参り、はじまりはいつ?どんな意味があるの?

七五三のお参りはいつするのか

秋になると羽織袴や着物姿の可愛らしい子ども達がお父さん、お母さんに手を引かれて七五三のお参りに行くのを見かけます。七五三のはじまりは室町時代の関東の武士からです。当時は子どもの死亡率が高く、無事に数え年の3歳を迎えられ、その後の成長を願って行われる行事となりました。11月15日に行われるのは、徳川三代目将軍家光の子ども、後の将軍綱吉が幼少の時体が弱く、健康を願ってお参りしたのが11月15日だったためと言われ、それから11月15日に近くの神社に七五三のお参りをするか、神職のいる神社で祈祷してもらうのが一般的になっています。生まれた年を1歳と数える数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお参りをしますが、最近では生まれた年を0歳とする満年齢で行ってもよいとされています。日付も10月中旬から11月下旬の大安か先勝にお参りすればよいので、いつもと違う服装や状況で疲れている主役の子供達のためにも、なるべく混雑しそうな日を避けて行くとよいでしょう。

なぜ三歳、五歳、七歳にお参りするのか

三歳は男の子、女の子共にお参りをします。江戸時代、この年齢までは子どもの頭髪を剃っておくと健康な髪が生えると言われ、髪の毛を伸ばし始める時期であったことから「髪置きの儀」とも呼ばれます。五歳は男の子が初めて袴を着用することから「袴着の儀」を行います。武士の世界では男の子が社会の一員として認められる日で、紋付羽織も正式な服装として着用します。七歳は女の子が子ども用の付紐から成人女性と同じ丸帯をつける「帯解きの儀」として、女性として社会の一員になる意味がこめられているので衣装も華やかになります。この時期は子どもの発育の中でも病気になりやすい時期なので、無事に成長できたことを神様に感謝し、これからの幸せや成長、長寿を願うお祝いでもあります。衣装はそれぞれの年齢に合った和装か、男の子ならスーツ、女の子ならワンピースでも構いません。

七五三と言えば千歳飴

七五三に欠かせない千歳飴は江戸時代から作られていると言われています。紅白の長い棒は長寿を意味し、飴を入れた袋には松竹梅や鶴亀の絵や、寿などの縁起のよい文字がかかれています。お祝いする子どもの年の数だけ飴を入れて親戚や近所に「お福分け」として配りながらまわる習慣もあります。お参りや記念撮影も大切ですが、一番大切なのは子どもが健康でここまで成長できたことと、今後も心身共に健やかに成長するよう家族みんなでお祝いする日だということでしょう。

七五三とは女子は3歳と7歳、男子は5歳の時に主に11月15日頃に行われる行事です。晴れ着を着て神社へお参りにいきます。