大切な写真の残しておきたい!?残した方の3選

DVDなどに保存しておく?!

撮ってからの写真を編集したりしない人にはおすすめでしょう。質の良いものを使いしっかりと大切に保管しておけば長期保存することができます。直射日光や高温な場所や湿気の多い場所には置かないようにして置いたりケースの中にホコリなどが入らないように気をつけておけば10年から100年くらいは持つので安心です。フロッピーディスクからCD、CDからDVDと時代の移り変わりとともに使用器具もどんどん変わっていきます。時代の流れとともに保存方法も変えていく必要がありますね。

写真にプリントしてしまう?!

ネット注文で写真にしてもらう場合は1枚10円以下くらいですることができます。また自宅にパソコンやプリント機器があれば自分で写真にすることも可能です。店頭でプリントしてもらう場合だと1枚20円から30円かかってしまいますがネット注文だと安く依頼することもできますね。写真にしてしまえば物理的なダメージに強く、一部がかけてしまったとしても見ることができます。しっかりと写真入れなどに入れておけば色あせることも防げます。

フォトブックを作る?!

保存が楽という一番のメリットがあります。物理的なダメージにも強く、プリントしてからアルバムにするという作業の手間も省けます。ネット上で写真を選びレイアウトするだけでしっかりとしたフォトブックになり送られてきます。孫の写真を遠方の祖父や祖母に送る際にもプレゼントのようなものになり喜ばれることでしょう。また、色あせることも少ないので高温や多湿な環境に置かないようにしっかりと保存しておけば長期にわたり保存しておけます。

自宅で注文できるフォトブックは、いつでも手軽に低価格で購入できます。記念日だけでなく、旅の記録やコレクションの写真を手元に残せます。