金券ショップで金券が高く売れる条件とは?

金券ショップでの金券売買

現金を得る方法として、金券ショップで金券を得るという方法がありますが、どのような金券が高く売れるのでしょうか。この場合、高く売れるというのは、金券の券面額に対しての割引率が低く売れるということです。例えば、1,000円の券面額に対して、950円で売れれば高く売れたということになるでしょうし、500円でしか買いとってもらえなければ安くしか売れないということになるわけです。それでは、その違いは何なのでしょうか。

有効期限の制限がない金券

まず、現金に近い性格を持つ金券の場合には、高く売れると言えます。例えば、商品券やクオ・カードなどです。商品券であれば、デパートやスーパー・マーケットなどで現金のように使うことができますし、クオ・カードであれば、コンビニエンス・ストアーなどで現金のように使うことができます。それでは、このような金券に共通する特徴とは何かと言いますと、金券の使用に有効期限という制限がないということであると言えるでしょう。

株主優待券が高く売れる条件

同じような特徴をもつ金券としては、他に図書券・図書カード・お米券・ビール券などがあります。また、株主優待券の中にも、たまに有効期限という制限のないものもあります。ですから、何でこの株主優待券だけ高く買いとってくれるのだろうかと疑問に思った場合には、有効期限が設定されているかどうかをチェックされてみると良いでしょう。その他に、株主優待券が高く売れる条件としては、店舗がたくさんあって利用可能度が高いことなどがあります。

金券の買取を活用すれば、お小遣い稼ぎが出来ます。譲り受けた図書券やクオカード等を買い取って貰えるので、使うあてがないと言う方は金券ショップを活用しましょう。