ペット保険ってなに?長生きペットのための保険の知識

ペットの寿命はものすごく伸びた

最近ではペットフードや健康状態のチェックなど、環境や飼い方が良くなり、その寿命が格段に長くなりました。1981年では平均死亡年齢は犬が5.5歳、猫が4歳ほどでしたが、2008年では3倍近い、15.1歳、12.6歳になっています。ペットの高齢化とともにペットにも様々な医療措置を取る必要が増えたことに加え、長寿命化によってより人との関係が親密となったペットによい医療を与えてあげたいと考える飼い主も増えました。犬を飼っている家庭のおよそ60%が、猫では30%以上の家庭が、年間のペット医療への支出額が3万円を超えています。

ペットにも医療保険がある

ペットの高齢化による関係性の変化に伴って1990年代にペット保険はイギリスで産まれました。ペット先進国と言われ動物育成環境に厳しいドイツやオーストラリアなどの欧米を中心に広がり、ここ最近では日本での加入者も増加傾向にあります。2008年に、保険加入者の期待に応える形で、保険業法が改正され、ペット保険も無認可の共済型から官庁によって監督されるペット保険(損害保険・少額短期保険)として生まれかわりました。2010年にはペット保険専門の損害保険会社が誕生しました。

ペット保険の加入区別

ペット保険は加入目的となるペットの種類によっても加入条件が変化してきます。犬や猫は受け付けても、爬虫類は認めていないといった会社もあるので、選択する際には注意が必要です。また対象年齢は各社によって違いがあります。早期加入が可能のもので生後30日程度からです。誕生日をはっきりと特定することができない場合には、推定の誕生日を申告して加入することになります。多くのペット保険には、診療時に負担分を差し引いた額を支払うタイプのものと、後日に保険会社に申請して給付を受けるものてす。診療時に清算する場合には、保険会社の提携をしている診療所である必要があります。

ペット保険に加入を検討している方はペットの年齢に注意しましょう。高齢になると加入が難しくなるケースがあります。